喘息の治療法

医者と看護師

喘息の治療には、アレルゲンを身の回りから取り除くことが大切です。

アレルギー性の喘息でアレルゲンが特定されたら、身の回りからできるだけアレルゲンを遠ざけて暮らすようにしましょう。

住環境の見直しが、喘息の発作を改善します。

それと同時に、薬物療法をおこないます。

喘息の治療に使われる薬には、予防に使われるものと、発作の症状を抑えるために使われるものの2種類があります。

喘息の発作を予防するものでは、炎症を抑える効果のあるインタール(スプレー式吸入と吸入液)がよく知られており、1日に数回吸入して使用します。

このほか、経口アレルギー薬(サジテン、シングレア、オノンなど)を服用して喘息発作を予防することもあります。

また、アルデシンやフルタイドといった吸入ステロイド薬も、炎症を抑える効果が強いので、喘息の予防薬として使われています。

喘息発作の症状を抑えるために使う薬には、メプチンなどのβ2刺激薬があります。

これは、気管支を拡張させて発作を抑える効果があり、即効性のある薬なので発作のときによく使われます。

ホクナリンテープなどで気管を拡張させて、発作をラクにさせる治療法も一般的です。

貼ってから数時間後に効果を現すので、長期管理薬として利用されています。

これらの治療薬や対処方法を組み合わせて、喘息の発作をコントロールし、症状を改善していきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る