喘息に効く漢方薬

漢方薬

喘息に効果的な漢方薬
喘息を漢方薬治療で治す人が増えています。

喘息の治療に使われる漢方薬は、その人の体質や症状に合わせていろいろな漢方を混ぜて処方されます。

例えば、冷え性で、冬になると水っぽい痰(たん)が増え、季節の変わり目に喘息発作が起こりやすい人には、体の冷えを改善する小青竜湯といった漢方薬で治療します。

夜、布団に入って体が温まると咳がでやすい人には、麻杏甘石湯が処方されます。

また、精神的なストレスによって喘息の発作を起こしている人には、四逆散を用いた治療が行なわれます。

症状と体質によって処方される薬は、さまざまなのが漢方の特徴です。

漢方薬の中には健康保険が適用されているものも多いので、主治医と相談して漢方薬を治療に取り入れるのもいい方法だと思います。

漢方薬は、一般の薬に比べて副作用が少ない薬ですが、全く副作用がないわけではありません。

どんな薬にも必ず副作用はあるので、医師や漢方薬の専門家の指示に従って服用してください。

漢方の薬以外では、咳や喘息に効果的だとされる食べ物を積極的に摂ることも、喘息に負けない体を作るために有効です。

百合根、銀杏、梨なども、喘息の症状を改善するのに効果のある食べ物です。

百合根や銀杏のスープ、梨のホットジュースといった料理を積極的に食べて、体質改善を目指しましょう。

逆に、わさびや唐辛子などの刺激物、パパイヤやマンゴーなどは、咳や喘息を悪化させる食べ物だといわれています。

また、体を冷やすアイスクリームなども喘息にはいい影響を与えないので、控えるようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る