喘息の治療に使われるステロイド薬

肺

喘息の治療薬、ステロイド
ステロイドは、喘息の治療で使われる基本的な薬です。

ステロイドには、喘息の発作が起こったときに速やかに症状を抑えるためのものと、発作を予防するために使われるものがあります。

予防のために使われる吸入ステロイドには、慢性的な気管支炎を改善する働きがあり、喘息発作の予防には非常に有効な薬として知られています。

ステロイドの吸入は年齢や症状によって使用量が異なるため、必ず医師の指示に従って使用する必要があります。

喘息を起こさないための予防薬なので、症状や発作が出ないからと自己判断で使用をやめてはいけません。

ステロイド薬と聞くと、すぐに副作用のことが思い浮かびますが、吸入式の薬として使うため、局所的に効果を発揮するだけで副作用の心配は少ないといわれています。

喘息予防の吸入ステロイドによる副作用には、カンジタ症や声のかすれなどの症状がありますが、吸入の後のうがいを習慣にすることで、これらの症状を防ぐことができます。

ステロイドの吸入薬には、フルタイドやパルミコートなどが一般的です。

また、喘息の発作がひどい時に服用する経口ステロイドには、プレドニン、プレドニゾロン、リンデロンを使うことが多いようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る