喘息が出やすい時期

ススキ

喘息の発作は1年中、いつでも起こりますが、特に発作を起こしやすい時期があります。

喘息の発作が最も多いのは、秋の9月、10月です。その次に春の4月、5月も発作が起きやすい時期です。

秋と春の季節の変わり目には、朝晩の冷え込みが急に強くなるので、発作が起こりやすくなります。

気候が不安定なので体調を崩しやすく、風邪を引きやすい(風邪は喘息を誘発します。)のも、喘息発作が増える原因の一つとされています。

意外ですが、台風も喘息の引き金になると言われています。

台風が近づくと、気圧が急激に変化するので気管支が刺激を受け、発作が出やすくなるのだそうです。

同様に、雨の日の前も、喘息発作を起こしやすいとされています。

喘息は季節だけではなく、一日の中でも発作の起こりやすい時間帯があります。

特に夜間に喘息の発作があらわれやすいのです。

夜は副交感神経が活発に働いているので、副交感神経の緊張が気管支を収縮させます。

そのために喘息が出やすくなるのです。

この他、夜明けの午前4時?5時ごろは、気管支が一番細くなるという報告もあります。

明け方の急激な冷え込みも手伝って、気管支が収縮を起こして喘息が起こりやすくなっています。

喘息の発作が出やすい季節や時間帯を知って、上手くコントロールすることで喘息の症状を抑えることができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る