喘息の症状の種類

診察

喘息は、いくつかの種類に分けることができます。喘息の中で一番多いのはアレルギー性のアトピー型喘息です。

アトピー型喘息は、ハウスダストや花粉などのアレルゲンが原因で喘息の症状を引き起こすものです。

小児喘息のおよそ90%がアトピー型だといわれています。

アトピー型喘息であるかどうかは、IgEという抗体を調べると、すぐに分かります。

IgE抗体の反応がなく、アレルギーが原因ではない非アトピー型喘息もあります。

この場合は、タバコの煙、香水、気温の変化や風邪などの外界からの刺激が原因で、成人の喘息患者の半数以上が非アトピー型の喘息だといわれています。

この他、アスピリンなどの鎮痛解熱剤が原因となって現れるアスピリン喘息もあります。

これは、意識障害に陥るほどの大きな発作を起こすことも多く、死に至る危険があります。

運動が発作のきっかけとなって起こる運動型誘発喘息もあります。

その名の通り、運動をすると症状が出やすい喘息です。

運動型誘発喘息の人は、一切運動ができないというわけではありません。

医師の指示に従いながら無理のない範囲で運動を行い体を鍛えていくことで、徐々に発作を起こさないようになっていきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る