喘息の治療薬

イメージ写真

喘息の治療で使われる薬は、2つのタイプに分けることができます。

喘息の発作を予防するための薬と、発作が起こったときに症状を止めるための薬です。

発作を起こさないための予防薬を、長期管理薬(コントローラー)と呼んでいます。

コントローラーは、喘息の原因となる慢性の気管支炎を改善する効果があります。

しかし発作に対しては即効性がありませんので、効果を得るためにはある程度の期間、使い続ける必要があります。

長期間使用するため、なるべく副作用が少ない薬が処方されますが、医師の指示に必ず従って正しい服用を続けること、また、必要であれば定期的な検査を受けることが大切です。

コントローラーには、長時間作用性β2刺激薬、徐放性テオフィリン薬、吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬などが使われることが多いようです。

発作が起こったときに、その症状を抑えるための薬を発作治療薬(リリーバー)と呼んでいます。

喘息の発作によって狭まった気管支の平滑筋を緩和し、気管を広げる効果のある気管支拡張薬が一般的です。

リリーバーには、抗コリン薬、テオフィリン薬、β2刺激薬、注射または経口用ステロイド薬が使われます。

リリーバを服用すると、副作用で手の震えや動機が起こることがあり、容量を守らないと心臓に負担をかけるため、必ず医師の指示に従って容量を守って服用してください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る