喘息のコントロールテストとは

試験

喘息コントロールを調べるテスト
喘息の治療では、発作を起こさないように、コントロールしていく予防治療に重点が置かれています。

喘息が上手くコントロールできると、健康な人と同じような生活を送ることができます。

ですから、喘息の発作や症状が出なくなったからといって、自己判断で吸入ステロイドなどの使用を止めることは禁物です。

自分の喘息は、今どのくらいコントロールできているのかは、一番気になることですね。

そんな時には、喘息の症状が上手くコントロールできているかを調べる、コントロールテストをしてみましょう。

喘息コントロールテストとは、日本アレルギー協会が推薦している検査で、世界50ヶ国以上で使用されています。

5問の質問に答えるだけで自分のコントロール状態をチェックできる非常に簡単なテストです。

テストは25点満点で、20点以下ならあなたの喘息は上手くコントロールされていないということになります。

テストには12歳以上の成人用と4歳?11歳の小児用に分かれており、テストの結果が思わしくない場合は、主治医に結果を告げて相談してみましょう。

主治医の意見を取り入れることで、もっと効果的な喘息のコントロールの方法がわかるかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る