喘息患者の会

喘息患者の会

患者とその家族が集まる「喘息患者の会」
喘息を持つ患者やその家族によって全国で、「喘息患者の会」が作られています。

その中でも、「石川県喘息友の会(わかば会)」は有名で、1974年に設立され、現在では会員数が1,000人を超える大きな会になっています。

「“石川県”という名前がついていますが石川県民に限らず、日本全国どこにいても会員になることが可能です。

わかば会では、喘息患者や家族に対して、正しい喘息の知識や最新の治療情報などを配信しています。

家の近所にそのような病院があれば、すぐに見つけられますが、そうでない場合にはやはりインターネットで検索するのが簡単です。

わかば会が運営する、「喘息を克服するためのホームページ」には、喘息Q&Aというコンテンツが設けられおり、セカンドオピニオンからのアドバイスを受けることができるので、非常に参考になります。

「石川喘息友の会」を皮切りに全国各地で喘息患者の会が発足し、1989年に横のつながりを持つ役割をする「日本喘息患者連絡会」も結成されました。

喘息患者の会に入ることで、同じ病気に悩む人たちとの交流が持てるので、不安を取り除いたり、最新の情報を知ることができるなどのメリットがあります。

また、病院が中心となって喘息患者の会を運営しているケースもあり、この活動では愛媛生協病院が有名です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る