喘息の発作

体調不良の男女

喘息の発作が起きると、ゼーゼー、ヒューヒューという音のする喘鳴、ひどい咳、呼吸困難などの症状があらわれます。

喘息の人の気道は非常に敏感なので、普通では問題のない少しの刺激にも反応して発作を起こします。

喘息の発作は4段階に分かれます。

小さな発作のときは、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴も軽く、食事や睡眠を取ることができ、日常生活も普通に送れるくらいの症状です。

中発作のになると、明らかな喘鳴があり、食事も食べづらく、寝ていても辛くて目が覚めてしまうなど、日常生活に支障を来すようになります。

大発作では強い呼吸困難に見まわれ、歩くことはもちろん、食事や睡眠を取ることができなくなります。

喘息の大発作を起こすと、日常生活を通常通りに過ごすことは無理でしょう。

最もひどい発作が呼吸不全です。

明確な陥没呼吸や呼気延長、チアノーゼ、意識錯乱などの症状を引き起こし、命の危険にさらされます。

大発作以上の喘息発作が起こったら、直ちにお医者さんに行きましょう。

軽度の発作のときでも、気管支拡張剤が効かない場合や、症状がなかなか改善しないときには、すぐに受診するようにしてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る