小児喘息について

喘息の子ども

小児喘息は、ハウスダストなどのアレルギーが原因で起こることが多いとされています。

ホコリやダニなどのハウスダストがを吸い込むとアレルギー反応を起こし、炎症で敏感になった気管支が刺激されて喘息の発作が起こります。

喘息の発作を予防するためには、アレルギーの原因を身の回りから遠ざけることが必要です。

小児喘息の原因であるアレルゲンを特定することが、有効な治療を行う上で必要ですが、アレルゲンを絞り込んで特定することは難しいことが多いです。

しかし、小児喘息の子どもはダニアレルギーである割合が高いと報告されているので、住環境を見直して、カーペットや布のソファーなどの使用は避けるようにしましょう。

布団などの寝具もハウスダストアレルギー用のものが販売されているのでそれを利用するのもいいでしょう。

小児喘息は年齢が低いほど男の子が発症する割合が多いのが特徴で、年齢が上がってくると、男女差が少なくなっていきます。

また小児喘息は、成長するにつれて症状が改善されることの多い病気でもあります。

けれども中には、思春期以降にも喘息を持ち越してしまう人もいます。

喘息の発作が起こると気管支が過敏になり、ほんの少しの刺激にも反応してさらなる発作を引き起こすという、悪循環を繰り返しがちです。

そうなる前に、喘息の発作を予防することが喘息の最良の治療法だといえるでしょう。

症状が出ていないからと安心せずに、普段からの予防を心がけることが大切です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る