小児喘息に関する書籍

喘息の書籍

喘息だと診断されたばかりの人や、子どもが小児喘息になった人は、喘息についての知識や対処方法など、わからないことがたくさんあると思います。

もちろん、一番早く正確に理解するためには、主治医の先生に喘息の知識や治療方法についての話しを聞くのが一番ですが、なかなかゆっくりと説明を聞くことができないのが現状ではないでしょうか。

そんなときには、喘息について書かれている書籍を参考にしてみましょう。

喘息の専門医や小児喘息を専門としている医師によって書かれた書籍は、喘息という病気を基礎から分かりやすく解説しているので、何も知らない人にはとても役に立ちます。

医師である山本淳氏が書いた『よくわかる小児ぜんそくの本』は、子どもが小児喘息と診断されて間もない家族でもわかりやすいように書かれおり、小児喘息のこどもを持つ親への推薦図書として、さまざまなところで紹介されています。

また、『患者さんとその家族のためのぜんそくハンドブック』にも、喘息の定義や診断方法、原因、治療方法が詳しく説明されているので、喘息の人やその家族に役立つ本としておすすめです。

喘息について詳しく知りたい、もっと喘息を理解したいけれど忙しい担当医にはなかなか聞きづらいという人は、これらの本を読んで最新知識を身につけましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る