喘息の引き金となる風邪

風邪

喘息を誘発する風邪
喘息は、アレルギー体質と気管支の粘膜の炎症が主な原因とされています。

気管支の粘膜が炎症を起こして過敏になっているため、アレルゲンが付着すると刺激されて喘息の発作を起こします。

慢性的な気管支炎である喘息の人が風邪を引くと、それが刺激となって喘息の発作が出ることは珍しくありません。

風邪のウイルスはさまざまですが、特に鼻風邪を起こすライノウイルスに感染すると喘息発作を誘発しやすいので注意が必要です。

風邪が、喘息の発作を起こすことがわかっていても、100%風邪を予防するのは非常に困難です。

とはいっても、手洗いやうがいを行なって少しでも風邪を引かないように気をつけることが、喘息の発作を予防することになります。

喘息ではありませんが、風邪を引いた時だけヒューヒュー、ゼーゼーと喉が鳴る症状を喘息性気管支炎と呼びます。

喘息は風邪にかかっていなくても症状が現れますが、喘息性気管支炎は風邪を引いた時だけに起こる症状です。

喘息性気管支炎は喘息の一歩手前の症状と考えられており、診察の際には「喘息の気がある」といわれることもあります。

風邪による喘息性気管支炎の治療には、一般的な風邪の治療よりも、喘息と同じ治療を行なうほうが効果的です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る