気管支喘息の原因

家族写真

気管支喘息になる人が、年々増加しています。

気管支喘息は、アレルギー体質などの遺伝的な要素、空気汚染などの環境、気道過敏症が原因となって起こるのではないかと言われています。

この他にも、疲労やストレスによる自律神経失調症、風邪などのウイルス感染でも気管支喘息の症状が起きると報告されています。

アレルギー性の気管支喘息の場合は、アレルギーの原因となる物質を身の回りから取り除くことで、発作を予防することができます。

病院で検査をして気管支喘息の原因を調べることは、効率的な予防と治療の両方を行うためにもとても大切です。

アレルゲンとなる物質は非常に多く、また喘息の原因がアレルギーではない場合は、原因の解明が難しいこともあります。

アレルゲンが特定できなくても、喘息は慢性的な気管支炎であるということはわかっていますから、発作を予防するためには、気管支の炎症を緩和させる必要があります。

最近では、発作が起こったときに行なう対症療法だけではなく、発作を予防するための治療にも重点が置かれるようになりました。

予防治療によって喘息発作をコントロールし、健康な人と同じように日常生活を送れるようになってきています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る