喘息性気管支炎とは

赤ちゃん

喘息性気管支炎(喘息様気管支炎)は、“喘息”という名前がつけられていますが、気管支喘息とは違う症状です。

喘息性気管支炎の症状は、ウイルスや細菌感染などで風邪を引くと、喘息の症状と同じようにヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴が起こり、軽い呼吸困難を伴うもののことです。

0歳から1歳児が発症することが多く、成長するにつれて症状は軽くなります。

小さい子どもの気管支はとてもに細く、咳を出す力も弱いので痰が溜まりやすいため、風邪で気管支に炎症が起こるとさらに痰の量が増え、気管支に詰まってヒューヒュー、ゼイゼイという音がするようになります。

大きくなると気管支が太くなり、体力もついてくるので喘息性気管支炎を起こすことが少なくなります。

しかし中には、喘息性気管支炎から気管支喘息へと移行していくケースもあるので注意しましょう。

アレルギーを持っている子どもは、喘息に移行しやすい傾向がありますが、アレルギーがあると必ず喘息になるというわけではありません。

けれども、喘息性気管支炎は喘息の前段階の症状だともいわれています。

喘鳴症状が続いたり、発熱、息苦しそうにしているときは医師の診断を受けましょう。

1歳未満の赤ちゃんが喘息性気管支炎になると、入院して治療が行われることも珍しくありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る